ゴールデンスランバー

伊坂幸太郎

 

手に汗握る展開。

巨大な悪に立ち向かう主人公。

最後にきっちり伏線を回収してくれる。

すごくすっきりし最後の景色が頭の中ではっきりと想像できる。

 

 

[ad#ad-1]
スポンサーリンク