①はじめに 登録する

 

クリエイター登録

まずは、LINEクリエイターズマーケット

LINE Creators Market
LINE Creators Marketは、あなたのオリジナルスタンプやアニメーションスタンプ、着せかえを、世界中のLINEユーザーに販売することができます。

にアクセスします。

登録は、PCスマホどちらでもいけます。

 

 

登録後のマイページです。

ここまでは簡単です。

 

②スタンプをつくる

 

スタンプ画像をつくっていきます。

まず紙に、ラフ案を書いていきました。

 

サイズは、縦370px,横320px

あとでPCで仕上げるので最初サイズは気にせず

適当です。

 

個数は40個

40個てけっこう多いんですよ。

 

最初の10個くらいはすぐに作れるのですが、

だんだんネタぎれしてきます。

最後はよくわからくなってきました。

 

 

そもそも

なぜ、はくさいのキャラクターにしたかというと

はくさいが、家の冷蔵庫にあるのに

忘れててまた買ってきてしまい

嫁さんに怒られてしまうと

部屋でうずくまっていたその時です

 

はくさいマンのアイデアが

天からおりてきました。

そこからすぐにはくさいマン制作を開始しました。

 

どんなキャラクターでも

 

パクリでなければいけるみたいですが

日常で使えるものじゃないと却下されるらしいです。

 

あと、う◯ことか下品なものもだめだそうです。

 

他にも画像作成の際の注意点がありますので、

 

販売マニュアルを見てみてください。

 

審査ガイドライン - LINE Creators Market
LINE Creators Marketは、あなたのオリジナルスタンプやアニメーションスタンプ、着せかえを、世界中のLINEユーザーに販売することができます。審査ガイドラインを紹介...

 

ラフができたらPCで実際につくっていきます。

 

僕はイラストレーターでつくりました。

1ヶ月無料で使えます。

グラフィックデザインソフトのIllustrator CC | Adobe Creative Cloud
Illustrator CCは、業界標準のグラフィックデザインソフトウェアです。ロゴやバナー、イラスト、チラシなどの作成に最適です。コンプリートプランと単体プランの2つの...

 

 

別にフリーのペイントソフトや

スマホのアプリでもつくれると思います。

Adobe Drawとかでもいけます。

 

注意としては

 

PNG形式にしないといけないです。

背景を透明に透過しないといけないのです。

そこをお忘れなく。

 

最後に

まわりに10px余白をとって完成です。

※灰色の部分あたり

 

 

忘れていた。

40個と別にメイン画像とトークルームのタブ画像をつくって完成です。

 

 

トータル5時間くらいかかりました。

早いと2時間くらいで終わるのかも

 

③申請する

 

タイトルやスタンプの説明文を入力していきます。

販売する地域も決めます。

日本以外にも世界中で販売できます。

 

なぜか英語の説明文も必要でした。

10分くらいで終わります。

 

これで申請終わりです。

 

リジェクト(却下)されなけれれば申請してから10日くらいで許可がおります。

※2017年1月現在

 

審査ガイドラインに引っかかるとメールが来ます。

 

僕は一度きました。

 

 

すぐ修正して返信したら

 

6日間くらいで念願の承認のメールがきました!!

 

リリースボタンを押せば

30分くらいで

LINE STOREの新着リストに反映されました。

 

感慨深いものがありました!

 

自分のつくったスタンプが

実際にトークルームでやりとりできるのは

すごくうれしかったです。

 

 

LINEスタンプ販売までは

以上です。

まとめ

 

販売するまではそんなに難しくなく

簡単です。

 

難しいことは、これを売ることです。

めっちゃ難しいです!!

 

ここからの話しはまた改めてします!!

 

今回発売したスタンプ!

その1 はくさいマン

 

その2 さくらんブー

 

どうぞよろしくお願い致します。

スポンサーリンク