今回は、

私の独断と偏見で

1981年生まれの

オススメ漫画 ベスト10を発表いたします。

ベスト10

幽遊白書/冨樫 義博

主人公がいきなり死ぬという設定。

 

暗黒武術会編で

戸愚呂弟の強さにびっくりしたのを覚えています。

 

幽助が魔族の末裔だったという展開にもびっくり。

個人的には飛影が好きでした。

 

この漫画に影響され霊丸を練習しました。

 

ベスト9

シュート/大島司

主人公は田仲俊彦。

 

その田仲俊彦と平松和広と白石健二の

掛西トリオの三人が

繰り出す

「トリプルカウンターアタック」

すごかったです。

 

天才 久保嘉晴が伝説の11人抜き。

そして死んでしまう。

 

その久保のあとを継ぎ

田仲俊彦がどんどん上手くなっていく。

 

ヒロインの遠藤一美もすごくなっていく。

サッカー青春マンガという感じでした。

 

この漫画に影響され幻の左を練習しました。

ベスト8

かっとび一斗/門馬もとき

 

少林拳を使い、

主人公の香取一斗が全国大会を目指していきます。

 

半分サッカー半分喧嘩のこの漫画。

 

すごい必殺技がどんどんでてきます。

 

ボールを踏んづけてシュートをする

『ドランキングショット』は衝撃を受けました。

 

この漫画に影響され

試合中に相手選手を蹴りました。

 

ベスト7

つるピカハゲ丸/のむらしんぼ

主人公の

ハゲ丸が

様々な節約術を

つるセコ

と名付け使っていく

 

その徹底ぶりには関心させられました。

 

この漫画に影響され

白ご飯だけもってスーパーの試食コーナーにいったことがあります。

 

ベスト6

まじかる☆タルるートくん/江川達也

 

主人公の江戸城本丸と

タルるートくんのコメディ漫画。

 

最初はライバルの原子力(ハラコツトム)との対決が多く

タルるートくんが魔法で本丸を助けていくという感じ。

 

少しHなところもあり楽しみでした。

 

この漫画に影響を受けて

友達の顔を舐めたことがあります。

 

 

ベスト5

SLAM DUNK/井上雄彦

 

主人公の桜木花道が

ヒロインの晴子と仲良くなるため

初心者からバスケットボールを始める。

 

この時代にはあまりなかった

バスケットボールを題材にした漫画。

 

安西先生の名言

『あきらめたらはそこで試合終了ですよ』は、

誰でも一度は聞いたことあるのではないでしょうか。

 

最後の山王戦のラストの

花道と流川のシーンは泣けました。

 

この漫画に影響を受けて

飛び蹴りを練習しました。

 

ベスト4

ストッパー毒島/ハロルド作石

 

 

主人公の毒島大広(ぶすじまたいこう)が、

プロ野球で活躍する漫画。

 

暴れ出したら止まらない性格がすごくいい感じ。

 

人間的にもだんだん成長していく過程が面白い。

 

出てくる人物もそれぞれ個性がありそこも見どころです。

 

謎のキャラクター

『チックくん』が誰なのかも

すごく気になりました。

 

この漫画に影響され

乱闘の練習をしました。

ベスト3

モンモンモン/つの丸

 

 

主人公のモンモンが

弟のモンチャックと

色々な困難を乗り切っていく

ドキュメンタリー猿漫画。

 

モンモンの家族愛や男気に

涙がでそうでした。

 

挫けそうな時にいつも読みます。

 

この漫画に影響を受けて

阪神タイガースの野球帽を買いました。

 

ベスト2

ドラゴンボール/鳥山明

 

1980年代の人で

この漫画を知らない人は

いないのではないでしょうか。

 

主人公の孫悟空が、

ドラゴンボールを探しに出るところから

物語は始まります。

 

ピッコロ大魔王がでてきた時

どうしようかと思いました。

 

ラディッツより強いやつが

1年後にくると

知った時

かなりあせりました。

 

クリリンがフリーザに殺された時

僕も切れました。

 

この漫画に影響を受け

元気玉を集めたことがあります。

 

ベスト1

珍遊記/漫画太郎

 

主人公の山田太郎が

玄じょうと天竺を目指す

笑いあり涙ありの

ヒューマンドキュメンタリー。

 

ドラゴンボールや

ドラゴンクエスト

花の慶次を

余裕でパクる素晴らしい内容。

引用 珍遊記

 

外人軍団と太郎との戦いは必見です。

ストーリー展開も

小気味良く

毎回楽しみでした。

 

この漫画に影響を受けて

相手選手に頭突きをしたことがあります。

 

以上

 

1981年生まれ オススメ漫画ランキングでした。

 

スポンサーリンク