ストイコビッチ

 

Jリーグにきたときびっくりした。

華麗なプレーの連続だった。

3人くらいフェイントにひっかかったりしていた。

 

ユーゴスラビア代表

のときもすごかった。

自国の内戦問題に巻き込まれ無ければ

バロンドール

もとれたと言われていました。

 

妖精 ピクシー

ニックネームの通りのプレーでした。

1990年のW杯イタリア大会では

あのオシム監督に導かれ、ベスト8に進出。

 

 

「良いときも悪いときもあった。それがサッカー人生だ」

ドラガン・ストイコビッチ

 

スポンサーリンク